このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 Edge、Chrome、Safari、またはFirefoxに切り替えることをお勧めします。

身だしなみに必要な10のこと。

お仕事中も、プライベートでも大切な「身だしなみ」
身だしなみを整えると、自己肯定感アップや少し豊かなライフスタイルを実現します。
 
まずは基本の10ステップから始めてみましょう。
センスも知識も要らない、身だしなみの世界へようこそ。


【INDEX】
①洗顔料で洗顔すること。
②化粧水と乳液で保湿をすること。
③髭を剃るか、整えること。
④歯を磨き、歯間ブラシをすること。
⑤髪の毛のメンテナンスとスタイリングをすること。
⑥爪の手入れをすること。
⑦髪の毛を乾かしてから寝ること。
⑧体の毛をトリミングすること。
⑨足回りに気を遣うこと。
⑩衣類の洗濯、管理をすること。


①洗顔料で洗顔すること。

①洗顔料で洗顔すること。

最近流行りのサウナに行くと、ボディソープで顔をゴシゴシ…という場面をよく見かけませんか?
顔は身体より皮膚が薄く繊細な部分。肌荒れなどを防ぐために、洗顔料で行いましょう。

使うのは洗顔料と洗顔ネット。洗顔ネットがあれば、モコモコの泡でマイルドで心地良い洗顔が可能です。
身体と同じ40℃前後のシャワーは刺激が強いため、32℃程度のぬるま湯で流していきましょう。


②化粧水と乳液で保湿をすること。

②化粧水と乳液で保湿をすること。

洗顔をした後は一時的に肌が乾燥している状態。
しっかりと化粧水・乳液で保湿をしていきましょう。

「脂っぽくなるから、保湿はしなくてOK!」と思っている方こそ、保湿が必要な可能性があります。
脂っぽい顔をしっかり洗顔した後は、一時的に乾燥します。そこで保湿を行わなければ、肌はさらに脂を出そうとするのです。

この悪いサイクルを起こさないためにも、洗顔後は保湿をするのがおすすめです。


③髭を剃るか、整えること。

③髭を剃るか、整えること。

髭は’’中途半端な状態’’が最も不潔に感じさせます。

カミソリを使う場合、保管方法は要注意。
お風呂に置いたままでは、雑菌が繁殖した状態で次の日も使っているかも…。

使用したカミソリは、風通しの良い場所で乾燥させ、休んでもらいましょう。
更に剃った後は刃が当たって敏感になっているので、保湿はマスト。

②のように保湿をするか、アフターシェービングローションなどを使いましょう。
 
一方、髭を生やす場合は’’整える習慣’’をつけましょう。
髪の毛と同様、毛の成長速度は一本ずつバラバラ。長さ違いの髭は清潔感に欠けます。
 
整える方法はボディトリマー等で3mm〜6mmの均一な長さに整えるだけ。グッと清潔感のあるセクシーさを演出できます。


④歯を磨き、歯間ブラシをすること。

④歯を磨き、歯間ブラシをすること。

歯の汚れの約60%は歯ブラシで除去できますが、完全に綺麗にはなりません。
残りの内20%は、歯間ブラシを使うことで解決します。残りは歯医者さんにお願いしましょう。

歯間ブラシを使うことで、歯ブラシでは届かない「歯と歯の間の汚れ」「歯の根元にある汚れ」を綺麗にすることができます。


⑤髪の毛のメンテナンスとスタイリングをすること。

⑤髪の毛のメンテナンスとスタイリングをすること。

お庭の雑草と一緒で、無計画に伸び切った髪の毛は不潔に見えがちです。
定期的に切り揃えることで、清潔感がアップデートします。

優先度① 定期的(1〜2ヶ月おき)に美容・理容室に行く。
優先度② 自分にあった美容・理容室を探す。
優先度③ 心地よく話せるスタイリストを探す。


⑥爪の手入れをすること。

⑥爪の手入れをすること。

身だしなみについて女性にアンケートをとると、意外に多い「爪の綺麗さ」
爪先を綺麗にすると、不思議と所作まで整って見えるのです。

週に一度は爪を切り、ヤスリをかけましょう。
手は定期的に行っていても、足は不定期…という方も多いのではないでしょうか?

足の爪はふとしたタイミングで伸び切っていることも多く、ニオイも強いため、手とセットで行うとGOODです。


⑦髪の毛を乾かしてから寝ること。

⑦髪の毛を乾かしてから寝ること。

髪の毛が湿った状態は
①ニオイや雑菌の原因
②寝癖がつきやすい原因
③キューティクルが剥がれて髪がダメージする原因

と、良いことが全くありません…。

お風呂から出たら、スキンケアをして髪を乾かしましょう。


⑧体の毛をトリミングすること。

⑧体の毛をトリミングすること。

脱毛をしていない場合、体の毛を整えると清潔感が増します。

持っていると便利なアイテムは
①眉毛カッター
日常的なケアとして眉毛カッターはマスト。最初の形作りはプロにお願いするのもおすすめ。

②鼻毛カッター
鼻毛は入口付近を整えて、穴から見えないように。

③ボディトリマー
3mm〜6mmのアタッチメントを付けて、腕毛・すね毛・アンダーヘアなどを整えます。


⑨足回りに気を遣うこと。

⑨足回りに気を遣うこと。

足は自分の鼻から一番遠く、ニオイに気づけない部位の一つ。

常に清潔な靴下を履いたり、靴の消臭する習慣をつけると抜け目のない清潔感を演出できます。

おすすめは黒無地の靴下をセット購入し、管理をしやすくすること。
どの組み合わせでも成り立ち、買い足しもしやすいです。


⑩衣類の洗濯、管理をすること。

⑩衣類の洗濯、管理をすること。

お家に帰って、脱いだ服をポイッ。「最後に洗濯したのはいつか分からないけど、ニオイがしないから着てしまおう」と思っても、自分の鼻が慣れてしまっているだけかもしれません。

他人には「家っぽいニオイ」や「汗っぽいニオイ」を感じさせているかも…。

洗濯回数が少ないアウターなどは、クローゼットにしまう前に消臭スプレーをひと吹き。

更に、シワを整えるには「スチームアイロン」を使えば手軽に綺麗にすることができます。



身だしなみに必要な10のこと、皆さんは全て出来ていましたか?
定期的に見直しをして、より身だしなみの整ったライフスタイルを手に入れましょう。

「身だしなみ」の最新記事

カート

translation missing: ja.cart.general.limit_message

カート内に商品がありません。